経営戦略としてのビジネスマナー 「第2回 名刺交換」

今回のコラムシリーズは「経営戦略としてのビジネスマナー」をこれまで経験したエピソードを交えてお届けしていきます。

今回のコラムは名刺交換についてです。
今はビジネスの場においてオンライン上でのやりとりが増え、名刺を交換する機会が減ったという方も多いかもしれません。
改めて名刺交換の基本、ウェブ上の名刺交換をお伝えします。

名刺交換

「第2回 名刺交換」

1.名刺交換の基本

名刺はその人の「顔」です。
初対面の方には丁寧な対応で好印象を与えるように意識しましょう。
大切なことは「目の前の人を大切にする」という思いやりの気持ちです。

また、新入社員には名刺ケースを用意するように伝えておくことも大事です。
以前、新入社員が納品された時の名刺箱を名刺ケースにしていることがあり、同行していた先輩はとても焦っている状況に遭遇したことがあります。
初々しく思いましたが、右も左も分からない新入社員には丁寧に教えていく必要性を感じました。

2.オンライン上の名刺交換

最近は外部ともオンライン会議でのやりとりが増えているので、名刺をデータ化して渡す方法や、Zoomの背景にプロフィールを載せるツールもあります。
そこまでは考えておらず、もっと気軽に自己紹介をしたい方はZoomの「名前」や「プロフィール欄」を見直してみることをオススメします。Zoom会議ではそれぞれの画面に名前が表示されます。
その名前に「フルネーム」を表示することで、自己紹介をしやすくなります。

3.名刺を持っていない時の対応

名刺を持ち合わせていない場合は、冒頭で「申し訳ございませんが、あいにく名刺を切らしておりまして…」と謝罪しましょう。
そして、分かりやすく自身の社名•所属•名前を伝えます。
後日お会いした際に忘れずお渡しできるようにしましょう。

また、私は名刺を忘れた時のために手帳や財布に数枚予備として入れています。そのような工夫もオススメです。

4.「名刺交換を習っておいて良かった!」

先日、専門学校の教え子が勤める自動車営業所でファミリーカーを購入しました。
ビジネスマナーの授業で何度も練習した名刺交換を実践することになってしまい、彼は「プレッシャーです!」と笑って緊張しながらも実際にお客さんと営業マンとしてやりとりしました。
専門学校では2年間ビジネスマナーを学んでいたこともり、名刺交換の基本はもちろんのこと、商談中もマナーで一番大切な「思いやりの姿勢」が感じられ、社会人として活躍する姿にとても感動しました。
彼から「専門学校でしっかり名刺交換を学んでいて本当に良かったです。学生の時はピンと来ませんでしたが、社会に出てビジネスマナーの大切さを実感しています!」という言葉をもらいました。
キャリア支援で大学生や帰国子女、新卒社員も多く見てきましたが、
「ビジネスマナーは大学で教えてもらったことがなく自信がない」
「新入社員研修で少し習ったことがある程度なので覚えていない」
「現場で先輩のやり方を見よう見まねでやっている」
と答える方はたくさんいました。
どのような場面でもマナーを心得ておくためには、マナーが定着するまで繰り返し実践することが大切です。
また、マナーは時代や環境によっても変化していくのでアップデートしていくことも大切です。

5.ビジネスマナーウェブアプリのご紹介

江尻事務所が提供するビジネスマナー研修では「ビジネスマナーウェブアプリ」を導入しています。
研修で学ぶだけではなく、ビジネスマナーを定着させるためにスマホで簡単に学習できるコンテンツです。
私自身も久しぶりにお客様とお会いする予定がある時は、このウェブアプリで名刺交換の復習をします。
訪問前に名刺交換の動画でやり方を確認すると自信を持って足を運ぶことができます!
ビジネスマナーウェブアプリの活用方法は様々ありますので、是非お問い合わせください。

ビジネスマナーWebアプリでできること

‹ 「経営戦略としてのビジネスマナー 「第1回 表情と目線」」を読む

「経営戦略としてのビジネスマナー 「第3回 お見送りの仕方」」を読む ›

江尻事務所のビジネスマナーカード研修

ビジネスマナーカード「ビジネスマナーカード」は社会人であれば、これだけは身につけておきたいというビジネスマナーを厳選・体系化し、7分類・全55枚のカードにして見える化したものです。 これだけ身につけておけば、周囲から認められ、仕事に対する自信と誇りを持つことができます。

そして、これを研修として体系化したものがビジネスマナー研修です。カードを使うので楽しみながらビジネスマナーが身につきます。内定者や新入社員ほか、さまざまな層へおすすめ致します。

お問い合わせはこちらから ›

社会保険労務士 江尻事務所 河野麻菜社会保険労務士 江尻事務所
河野麻菜
メール:kawano@e-jimusho.jp

なぜ江尻事務所が100年続く組織づくりをお手伝いするのかお客様の声 江尻事務所を選んでいただいたきっかけ江尻事務所のコラム事務所案内福祉施設の施設長に役立つ情報をお届けしています。医療・福祉版 社会保険労務士江尻事務所
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

 
 

著書

職場の難問2■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›