人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2019/07/23

口座振替により納付できる労働保険料

 前年度の保険料を精算し、新年度の概算保険料を納付する労働保険の年度更新が終了したところです。従業員に1年間に支払った賃金を集計する作業は手間も大きく、保険料の納付期限である7月10日が近づくにつれ、業務に負担を感じた担当者もいたのではないでしょうか。今回は保険料の納付にゆとりを持つことができる保険料の口座振替の制度を紹介します。

[1]口座振替による納付のメリット
 労働保険料は申告書とともに送付される納付書を記入し、金融機関の窓口で納付しますが、手続きをすることにより口座振替に切り替えることができます。切り替えることで、以下のようなメリットが受けられます。

  1. 保険料納付のために、毎回金融機関の窓口へ行く手間や待ち時間が解消されます。
  2. 納付の忘れや納付遅れがなくなり、これらの際に必要となる延滞金が課される心配がなくなります。
  3. 手数料はかかりません。
  4. 保険料の引き落としが、通常の納期限より遅く、最大約2ヶ月のゆとりができます(下表参照)。

 なお、口座振替の申込み手続が完了した後は、金融機関の窓口で年度更新申告書の提出ができず、労働局労働基準監督署への持参や郵送による提出が必要になります。

[2]口座振替に切り替えるための手続き
 口座振替に切り替えるには手続きが必要です。申込用紙を下部の参考リンク「口座振替の申込について」にある厚生労働省のホームページからダウンロードするか、最寄りの労働局・労働基準監督署の窓口からも入手し記入、金融機関への届出印を押印の上、口座を開設している金融機関の窓口に提出します。一部の金融機関では取扱いをしていないため、手続き前に取扱いをしているかの確認をしておくとよいでしょう。
 なお、口座振替が行われるときには口座振替納付日の約3週間前に引き落とし内容が記載されたハガキが、また口座振替後も約3週間で引き落としの内容が記載されたハガキが会社に送付されます。

 口座振替をしていない会社では、すでに全期/第1期の納付を済ませているかと思いますが、来年度または第2期から切り替えるためには、今のうちに手続きを行っておくことをお勧めします。

■参考リンク
厚生労働省「口座振替の申込について」
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/hokenryou/kouza_moushikomi.html
厚生労働省「労働保険料は口座振替が便利です!」
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11200000-Roudoukijunkyoku/0000149893.pdf


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。

なぜ江尻事務所が100年続く組織づくりをお手伝いするのかお客様の声 江尻事務所を選んでいただいたきっかけ事務所セミナー・研修を終えて承認は社員同士の関係の質を高め、組織を劇的に成長させます。承認力向上研修。事務所案内福祉施設の施設長に役立つ情報をお届けしています。医療・福祉版 社会保険労務士江尻事務所
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

 
 

著書

職場の難問2■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›