人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2022/04/26

今年も4月より始まった「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーン

 新年度になり、新しくアルバイトを始める学生も多いことから、厚生労働省では例年開催している「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを今年も実施しています。今回はこのキャンペーンの内容について確認をしましょう。

[1]主な取組内容
 今回のキャンペーンは4月1日から7月31日にかけて、都道府県労働局による大学等への出張相談や大学等でのリーフレットの配布等による周知・啓発等を実施することになっており、アルバイトを始める前に労働条件の確認を促すことなどが呼びかけられます。特に重点的に呼びかける項目として、以下の5点が挙げられています。

  1. 労働条件の明示
  2. シフト制労働者の適切な雇用管理
  3. 労働時間の適正な把握
  4. 商品の強制的な購入の抑止とその代金の賃金からの控除の禁止
  5. 労働契約の不履行に対してあらかじめ罰金額を定めることや労働基準法に違反する減給制裁の禁止

[2]特に注意したいシフト制
 アルバイト学生については、学業との両立があることからシフト制で働くことが多くありますが、企業側も業務の状況によって、勤務を柔軟に調整することがあります。その結果、半ば一方的にシフトを変更するようなケースも見られ、予定していた勤務がなくなることで、思うように収入が得られなくなったり、急なシフト変更によりの学業との両立が難しくなったりすることで、トラブルに発展することがあります。
 このシフト制に関しては、2022年1月に厚生労働省より「いわゆる「シフト制」により就業する労働者の適切な雇用管理を行うための留意事項」が公表されています。改めてこの内容を確認し、特にシフトの作成・変更・設定などのルールを定めておきましょう。

 コロナ禍で、アルバイト学生の採用を控える時期もありましたが、徐々に採用を強化する動きがみられます。企業は、アルバイト学生が安心して働くことができるように労務管理をしていくことが求められています。

■参考リンク
厚生労働省「「アルバイトの労働条件を確かめよう!」キャンペーンを全国で実施」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_24965.html
厚生労働省「いわゆる「シフト制」について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_22954.html

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。

お客様の声 江尻事務所を選んでいただいたきっかけ事務所案内福祉施設の施設長に役立つ情報をお届けしています。医療・福祉版 社会保険労務士江尻事務所
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

社会保険労務士個人情報保護事務所 SRP2 border=

SDGsの取り組み 江尻事務所ができること

 
 

著書

職場の難問2■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›