女性の本音で考える復帰のコツ! 〜長く働くためには職場のサポートが大切〜

育児休業の取得は「働きやすさ」に密接に関係し、従業員の「採用と定着」に効果があります。

しかし、沖縄労働局の調査によれば、育児休業関係の相談は年間500件と多く、是正指導も300件弱と、まだまだ多いのが現状です。

社会保険労務士 江尻事務所は従育児休業と職場復帰のポイントについて知ってもらうことで、県内の労働環境の改善につながると考えております。
今回、育児休業と復帰についてコラムを担当する弊所のスタッフである河野麻菜は、航空会社、専門学校で勤務を経て、育児休業制度の整備を行うなど働きやすい職場環境作りの推進を行っています。これまで同僚や自身が体験したことも踏まえてお話しいたします。

産休前に本当に必要なこと

前回は妊娠報告の心構えについてご紹介させていただきました。
今回は妊娠報告を受けた後、企業としてどのように支援をしていくかについてお伝えします。

私はどのようにして産休育休を取得できるのだろうか…?

妊娠しながら働く女性だけでなく、産休育休取得実績のない企業であれば、どのように手続きや引継ぎを進めていくか戸惑うことも多いはずです。
更に妊娠から出産まで順調に行くとは限らず、予定通りにいかないことも多く、対応に慌てることも想定されます。

私自身の経験ですが、重度妊娠悪阻や切迫早産のため入院となってしまい急な休職を経験をしました。
こうしたケースは意外と珍しい事ではなく、十分な仕事の引継ぎや復帰後の話し合いがなされないまま休職になってしまうことがあります。
残念な事にこのような問題から、産休育休取得や先の職場復帰を断念することに繋がってしまう場合もあります。

では、「第一子の出産や妊娠を機に仕事を辞めた理由」をデータで見てみましょう。(『「第一子出産前後の女性の継続就業率」及び出産・育児と女性の就業状況について』平成30年11月 内閣府男女共同参画局より。)

第一子の出産や妊娠を機に仕事を辞めた理由

この図表からは、実際に子育てと仕事の両立が難しいという理由が最も高いポイントで示されています。

会社と従業員でしっかりと産休育休プランを立て、早目に引き継ぎに向けて準備していくことが職場復帰の大事な鍵となります。

実際に産休前面談で話し合うことや支援制度に必要なことをご紹介します。

1.面談実施時期&内容

◎妊娠報告後の面談
出産予定日・産休育休取得予定の確認、体調面や配慮して欲しいこと、産休前までの業務引継ぎについて

◎産休取得2ヶ月前
本人の産休・育休の予定や復帰後の就業イメージを確認

2.会社の支援制度

  • 必要な手続き関連のリスト化
  • 業務の棚卸し
  • 代替要員の確保
  • 業務引継ぎ

その他にも夜勤を伴うシフト制の仕事、福祉などの体力を要する業務内容の職員のサポートについては、特に妊娠中・子育て中の従業員の状況も配慮して配置を考える必要もあります。
また、引継ぎを担当する従業員への教育や訓練期間も設けることも大切です。

子育てのブランクで経験値が上がる

これから産休育休を控えている従業員は、復帰後のイメージがつかない事が多いでしょう。
しかし、私も実際に復帰後にキャリアの中で子育ての経験が活かされることは多くあると感じます。

子供はこちらの思うように動いてくれないのはもちろんのこと、それによって優先順位を考えたり、隙間時間を使った効率的な家事育児を習得していきます。そのスキルは仕事の時間術や効率アップにも繋がることがあります。

また、完璧主義だった人も1人で抱え込まずに周りを巻き込んで協力を得るというチームワーク精神を持つこともあるでしょう。

ぜひ復帰後のイメージを従業員と共に描き、安心して復帰できる職場を作っていきましょう。

社会保険労務士 江尻事務所では、企業と共に従業員の産休育休から職場復帰の面談、手続き関連のサポートを行っています。お気軽にご相談くださいませ。

ご相談はこちらから

‹ 第1回「妊娠報告時の心構え 上司の想い・妊娠社員の想い」を読む

社会保険労務士 江尻事務所 河野麻菜社会保険労務士 江尻事務所
河野麻菜
メール:kawano@e-jimusho.jp

なぜ江尻事務所が100年続く組織づくりをお手伝いするのかお客様の声 江尻事務所を選んでいただいたきっかけ事務所セミナー・研修を終えて承認は社員同士の関係の質を高め、組織を劇的に成長させます。承認力向上研修。事務所案内福祉施設の施設長に役立つ情報をお届けしています。医療・福祉版 社会保険労務士江尻事務所
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

 
 

著書

職場の難問2■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›