人事賃金制度改革
人事賃金制度改革

貢献度に見合った処遇を実現しませんか?

社会保険労務士 江尻育弘

人事賃金諸制度を整備して、従業員の定着と高い満足度に支えられた競争力の高い組織を実現しましょう。

人事賃金制度は、従業員に対する会社からのメッセージです。会社が今後も強い組織力を持って厳しい経営環境の中で勝ち残っていくためには、期待人材像を明確にしなければなりません。

期待人材像とは、どのような人材が必要で、従業員各々に期待する能力や役割、行動のことです。

これにより従業員のやる気を高め、その成長を促進していくことが求められます。と同時に、従業員のやる気を殺がないために、「貢献度に見合った処遇の実現」も欠かすことができません。これが不十分だと、「やってもやらなくても同じ」というマイナスの行動に発展し、組織風土が低迷します。

そこで以下の改革を通じて、従業員のみなさんが安心して働き、自身の成長が喜びとなるような環境を実現することで、企業の競争力向上を図ります。

1.等級制度の整備と従業員への期待事項の明示
会社の今後の発展を支えるために必要な人材像を明確化し、キャリアパスの再整備と期待事項の明確化を行います。

2.貢献度に見合った賃金の仕組みの構築
原資を効果的に再配分し、従業員各々の貢献度に見合った賃金の支給を実現します。また、その際に発生する不利益変更にも労働法に照らし合わせて対応いたします。

3.人事評価制度の再設計
各等級の期待事項に基づいた、人事評価・目標設定・人材育成をご提案いたします。

4.新制度施行準備
安定した制度運営のため、人事制度改定に伴う就業規則や賃金規程その他関連諸規程を整備いたします。

【テーマ1】等級制度の再整備と社員への期待事項の明示

今後の事業運営に必要な人材とそのキャリアパスを 明確化し、各レベルの社員への期待事項を明示する。

キャリアパス等級制度は賃金を決定する基準である以前に、効果的な職務遂行と、社員の能力開発を進めるためのものでなければ意味がありません。そのためには、各等級・各職種で求めらる期待水準が従業員に明確に伝えられている必要があります。

そこで今回は貴社の今後の発展を支えるために必要な人材像の明確化を行った上で、それに向けてのキャリアパスの再整備と期待事項の明確化を行います。

【テーマ2】賃金・賞与・退職金

【テーマ2-1】貢献度に見合った賃金の仕組みの構築

原資を効果的に再配分し、社員各人の貢献度に 見合った賃金の支給を実現する。

貢献度の高さに見合った処遇の実現は、人事管理の中でもっとも基本的な事項となります。

貢献度に見合った賃金の仕組みの構築

【テーマ2-2】貢献度に見合った賞与制度の構築

賞与制度は短期の貢献度を表すインセンティブ

賞与制度は一般的に基本給と連動し、定められている例が多くなっていますが、多くの場合、基本給は入社時の経緯やその後の昇給環境に影響される場合が多く、必ずしも貢献度を表しているとは言えません。この点を改善します。

【テーマ2-3】貢献度反映型退職金制度の構築

退職金制度は在職中の貢献度を仕組みとして 反映することができる制度に

近年、退職金制度は、年功的色彩の強いものから貢献度反映型の制度に改定する例が増加しています。

【テーマ3】人事評価制度の再設計

各等級の期待事項に基づき、人事評価・目標設定・人材育成を実施する。

人事評価制度の再設計各等級の期待事項を人材育成に繋げるための仕組みを構築します。基本的には毎年定期的に従業員に求められる事項のチェックを行い、上司との面談でその承認と課題解決に向けた取り組みを話し合うことで、計画的な人材育成と動機づけを実現します。

【テーマ4】新制度施行準備

安定した制度運営のため新人事制度を文書としてとりまとめる。

制度改革のゴールの姿

今後の安定的な制度運営を実現するために社員向けの説明書やマニュアル、諸規程などの形式で文書化し、説明会を実施します。