持ち味ワークショップ
持ち味ワークショップ

持ち味を活かして胸を張って働く
持ち味ワークショップの概要

持ち味ワークショップのねらい

持ち味カード グループ行動目標
  1. 社員が持ち味を活かし、自信と誇りをもって働き、仕事を楽しめる状態にし、社員ひとり一人がワンランク・レベルアップした習慣を身につける
  2. 職場の同僚が互いに認め合える関係(組織風土)をつくる
  3. 持ち味(人間性と能力)を磨き、プロフェッショナルを目指す

本講座におけるプロフェッショナルの要件定義

  • 仕事の中に得意で没頭できるテーマを見つけだせる人
  • 人間性に優れ周囲に信頼され、良い影響を与える人
  • 専門知識、スキルを極めることで高い業績を出す人
  • 信頼され会社のブランドイメージを高めることができる人

持ち味ワークショップ・プログラム

【標準的な時間設定:4時間/回×4回】

フェーズ 各回のテーマ マテリアル
【第1回】
持ち味発揮の基礎をつくる
@楽しい仕事とは?
A一緒に働きたい人の条件
Bいい人間関係は礼儀(ビジネスマナー)から
C習慣を変え、進化する
ビジネスマナーカード
【第2回】
持ち味を伸ばす
【振り返りで自己点検】
@成長は人間の「喜び&魅力」
A持ち味を活かす、磨く
B自分と他人の持ち味の棚卸し
C自分の持ち味を磨く
D習慣を変え、進化する(自分を磨く習慣化目標の設定)
持ち味カード
【第3回】
自信と誇りをもって働く
【振り返りで自己点検】
@人の成長とは
A志(軸)を持って仕事をする
B自信とは
C自分はどう変わったか?
Dこれからどうなりたいか?
-
【第4回】
変化・成長の
振り返り
@周囲にいい影響を与える人になれたか
Aより信頼される人に近づけたか
B振り返り
C習慣を変え、進化する
D行動パターンの自己理解
E繰り返し、自己の目標を練る
・エゴグラム
・TEGU分析

持ち味ワークショップのメリット

持ち味カード ステップアップ
  1. 半日×4回の継続プログラム(軽い負荷)で、自立した人材に向けての
よい習慣づけができる。また、小規模組織でも継続的に育成機会を設けることができる
  2. 集中・詰込み方式ではなく、インターバル期間に実践と熟考をしたり、相互に観察ができ、自分と相手の成長度を確認できる
  3. 社員が仕事の楽しさに気づき、持ち味を認識し、潜在能力を発揮できる
  4. お互いの持ち味と可能性を認め合い、人間関係が良好になり、組織やチームの成果をあげることができる
  5. 社員の行動の質がワンランクレベルアップし、習慣化することにより、
企業の活性化と生産性向上に繋がる
  6. 管理者は部下の気持ちが分かるようになり、部下のモチベーションを引き出し、効果的な部下育成ができるようになる

持ち味ワークショップの進め方

「考え方と行動習慣」にフォーカス 知識・テクニックの学習でなく、自ら考え、行動し、良い習慣を身につける
自己の棚卸と内省を
重視し、実践徹底 ・「持ち味カード」「ビジネスマナーカード」などを活用しながら実践を徹底し、毎回、振り返りの場を持つ
職場での切磋琢磨 ・日常の言動を相互にチェックし、フィードバックする
・毎月継続して開催する

持ち味カードを用いたワークショップの実績

2017年8月23日・那覇開催 採用規準づくりワークショップ

2017年7月10日・石垣開催 採用規準づくりワークショップ