受講者の声
受講者の声

セミナー・企業研修の受講者の声

事務所セミナー・外部主催セミナーの受講者のアンケートの一部をご紹介します。※随時更新中

沖縄県社会福祉事業共済会様 管理職研修 2017年11月開催

■ 色々な現状を配慮しての職場環境が必要だと思った。昔のままでは現状を変えることはできないことがわかった。意識改革は会社全体から必要だと思う。

■ 働き方改革を社長やトップの人が検討していない場合など部下からの働きかけをする必要はありますか?

■ 思い当たることがたくさんあり、とても参考になりました。

■ 他法人の事例等(成功例)があったら良いと思いました。

■ 働き方改革について考えていきたいと思う。

■ 明日から業務の棚卸し、働く環境整備、出来ることから行いたい。

■ 残業のタイプなど知ることができた。働き方改革の目的を考えたことがなく、どの法律や決まり手の目的を考えることの重要性を知ることができた。

■ 定着率を高めるために戻る職場があると安心して休めると思います。

■ 業務内容の整理をぜひやりたいと思いまいた。

■ 働き方改革、漠然としていたのが少し見えてきた気がします。

■ データをもとに解説があり、わかりやすかった。

■ 働き方改革の目的が見えたと思う。

■ 時間も長すぎず、内容も聞きやすく良かったです。

■ 私のような一事務員でなく、管理者等が受講すると、なお理解の深まるものだったと思う。課単位で業務の棚卸しをしてみることは役職に提案してみようと思った。

■ 人材の安定確保のために、若い職員たちが働きやすい職場環境を作っていくための良い参考になった。

沖縄県社会福祉協議会様 管理職研修 2017年7月開催

沖縄県社会福祉協議会 管理職研修 2017年7月4日開催 受講者の声■ 江尻先生の承認カード体感ワークは、気づかされることが多々ありました。職員に対して、承認が全然だなぁと感じました。やりながら「はぁ〜」とため息が出ていたように思います。
今後、管理職セミナーが開催されるのであれば、「承認」について、もっと研修したいです。

沖縄県社会福祉協議会 管理職研修 2017年7月4日開催 受講者の声■ 今回の講話・演習を通して、普段から職員と会話(コミュニケーション)をする事が大切だと実感しました。また、個々の職員の表情や行動等の観察と併せて事業の進捗状況を確認しながら言葉(会話)を通して承認を行います。本日はありがとうございました。

沖縄県社会福祉協議会 管理職研修 2017年7月4日開催 受講者の声■ 今回の江尻先生の講話・演習を受講し、管理職と職員間のコミュニケーションの重要性についてあらためて気づかされました。良かれと思い取った行動が逆にマイナスに働いてしまうことや、あえて行動で示していかなければならないケースがある等、管理職として意識して取り組むべきこと等、大変参考になりました。
個々の職員が働きやすい職場作りのために、今後とも管理職として研鑽していく必要性を痛感しました。どうもありがとうございました。

沖縄県社会福祉協議会 管理職研修 2017年7月4日開催 受講者の声■ 職員の成長につなげるために、誰にでもある「承認欲求」を満たすために働きかけのタイミングや内容等を講義と演習により学び深めることができた。職員の成長は管理職の成長につながる意識を持って職員と関わっていきたい。

沖縄県社会福祉協議会 管理職研修 2017年7月4日開催 受講者の声■ 「承認」について継続して実践できるよう今後は具体的に取り組む必要があるが、各部所長も業務に追われる中、皆同じモチベーションで取組むためにはどのようにしたらいいのだろう。

沖縄県社会福祉協議会 管理職研修 2017年7月4日開催 受講者の声■ カードワークやロールプレイを通して、自身の承認力や傾向を知ることができ、今後の研鑽に活かしたいと思いました。

無期転換申込制度の法的知識と実務対応 2015年7月26日開催

無期転換申込制度の法的知識と実務対応 2015年7月26日開催 受講者の声■ 現状規則の問題点改善点が見えてきた。キャリアアップ助成金、他助成金についてももっと活用していきたい。

無期転換申込制度の法的知識と実務対応 2015年7月26日開催 受講者の声■ 職務分析実施マニュアルはとても参考になります。他にも調べて実施したいです。

マナー&コンプライアンス 2016年8月22日開催

マナー&コンプライアンス 2016年8月22日開催 受講者の声■ 時間をかけてそれぞれの事業所での事例等を上げてディスカッションができたら良いと思った。

マナー&コンプライアンス 2016年8月22日開催 受講者の声■ 普段の業務の流れを見ながら、何が問題なのかを皆で考える事によって自分の施設と比べる事ができ、今後どうしていくべきかの課題を見つけるきっかけになりました。

保育園の職場風土を上げる承認の技術 2016年8月22日開催

保育園の職場風土を上げる承認の技術 2016年8月22日開催 受講者の声■ 承認の大切さを再確認できた。もっとほめ上手に、認め上手にならなければと思いました。

保育園の職場風土を上げる承認の技術 2016年8月22日開催 受講者の声■ 初めに承認の「名前を呼ぶ」カードに大事さを感じたのですが、呼び慣れないためか最後まで忘れてしまい反省しました。

保育園の職場風土を上げる承認の技術 2016年8月22日開催 受講者の声■ 少人数でゆっくり学び、考えることができたので、とても良かったです。園内研修でも取り入れてみたいと思いました。

保育園の職場風土を上げる承認の技術 2016年8月22日開催 受講者の声■ 承認ケーススタディー「育?保育士」ではグループで話し合い、どの様な承認をすることが望ましいのかが出され意見が聞けて良かった。

保育園の職場風土を上げる承認の技術 2016年8月22日開催 受講者の声■ カードの使い方がわからなかったので、良い機会になりました。今度ぜひ園の方でも行いたい。(とりあえず初めはやってもらいたい)

保育園の職場風土を上げる承認の技術 2016年8月22日開催 受講者の声■ 承認カードを使用しての研修は初めてだったので、面白く参加して楽しかったです。話をふくらませ意見を出し合うということで時間もあっという間でした。

保育園の職場風土を上げる承認の技術 2016年8月22日開催 受講者の声■ 承認カードという言葉もはじめて目にしたのでとても新鮮でした。また、他の先生方とも触れ合うことができ、楽しく学ぶことができました。ぜひ活用していきたいと思います。

保育園の職場風土を上げる承認の技術 2016年8月22日開催 受講者の声■ 相手の気持ちを理解する、思いやるという事、承認していく事で他の職員との関わり、仕事のモチベーションがかわっていくことをつくづく感じました。また、他の保育士とも色々と話をすることができ、参考になった。

人事考課者訓練 2016年8月23日開催

人事考課者訓練 2016年8月23日開催 受講者の声■ 今後の職員研修などで活用できたらと考えています。

人事考課者訓練 2016年8月23日開催 受講者の声■ 個人的な視野で人事考課の評価をしてよいとわかった。人それぞれの考え、見方があるのでみんな話し合うことが大切だとわかった。

人事考課者訓練 2016年8月23日開催 受講者の声■ やはり日頃のメモと面談(コミュニケーション)は大切ですね。考課者同士の意識あわせはとても重要だと感じました。

人事考課者訓練 2016年8月23日開催 受講者の声■ 人事考課の目的は部下の育成であるということが心にひびきました。

法改正に対応した育児介護休業規程の解説 2016年11月22日開催

法改正に対応した育児介護休業規程の解説 2016年11月22日開催 受講者の声■ 規程が大変参考になった。

法改正に対応した育児介護休業規程の解説 2016年11月22日開催 受講者の声■ 症例(ケース)等で制度の説明があればわかりやすいと思う。なかなか規程を読んでいても理解しずらい部分がある。

法改正に対応した育児介護休業規程の解説 2016年11月22日開催 受講者の声■ 今から事務所も法人化して大きくなっていくと、色々な問題が出てくると思うので、もう少し勉強していきたいと思った。

労働時間管理 2017年1月25日開催

労働時間管理 2017年1月25日開催 受講者の声■ タイムカード以外の管理方法を導入する必要性を感じた。
労働時間の適正な管理(把握)に着手を行っていきます。

労働時間管理 2017年1月25日開催 受講者の声■ 労働時間と労働管理、把握について大変参考になった。残業をしない労働について整備を進めてみる等、実態を調査し検討したいと思います。

労働時間管理 2017年1月25日開催 受講者の声■ 労働時間の棚卸の必要性がある事、以前と変わった労働時間の捉え方等、改善点の方向性が見えてきた。

労働時間管理 2017年1月25日開催 受講者の声■ タイムカードで出勤と始業、帰りなどの仕事の終わりなどの違いなどが参考になりました。園では残業があまりないので働きやすいかなと感じた。

労働時間管理 2017年1月25日開催 受講者の声■ 労働時間管理を使用者は適正に把握することの責務を知り、使用者として責任の重さを改めて感じた。

労働時間管理 2017年1月25日開催 受講者の声■ タイムカードの打刻時間と申請時間、実務時間や残業などについての勤務も改めて周知していきたいです。

【石垣開催】働き方改革ワークショップ「見える化」と「言える化」 2017年10月16日開催

働き方改革ワークショップ「見える化」と「言える化」受講者の声■ とても参考になりました。やはり、経営側vs現場側の温度差はどこでもあるんだなー、と思いました。

働き方改革ワークショップ「見える化」と「言える化」受講者の声■ 新しいツール「かるた」は活用できると思う。(ゲーム感覚で行うと笑いが多くなるので)言いにくいことも言いやすくなると思う。「かるた」で課題などが見える化できる。

働き方改革ワークショップ「見える化」と「言える化」受講者の声■ ワークショップ形式だった為、他事業所の事例等も伺う事が出来、それに基づいた講義も大変参考になりました。有難うございました。

【名護開催】働き方改革ワークショップ「見える化」と「言える化」

働き方改革ワークショップ「見える化」と「言える化」受講者の声■ かるたを使ったりして、思っていることに近いことを気づくことができた。

育児・介護休業法の規定と解説 2017年9月28日開催

育児・介護休業法の規定と解説 受講者の声■ いただいた資料でさっそく規定を整備したいと思います。わからない点がでてきましたら、ご相談させてください。いつもありがとうございます。

育児・介護休業法の規定と解説 受講者の声2■ 産休・育休復帰支援面談シートは当社でも作成(オリジナル)し、活用しとても便利になったので、いただいたシートから事たりていない部分を参考にもっと良くしていきたい。

育児・介護休業法の規定と解説 受講者の声3■ 規定改正以外での、社内での対象者に対する対応が参考になりました。

働き方改革ワークショップ「見える化」と「言える化」 2017年9月28日開催

働き方改革ワークショップ「見える化」と「言える化」受講者の声■ かるた利用は上等。成語が良い。

特別養護老人ホーム コンサルティング

■ 中間管理職として部下の育て方等、大変参考になった。(40代 相談員)

■ 自分の立場として、現在取り組んでいることが間違っていないという再確認ができた。(40代 介護主任)

■ 介護の仕事が顧客接点型サービス業に属すること、キーワードが個別性への対応であること、そのために感受性と応用力が必須能力であることを理解できた。(40代 主任)

障がい者施設 コンサルティング

■ フレームワーク表は今後の人材評価・育成に役立つので活用したい。(50代 施設長)

■ 職員の専門技術、ノウハウ、基礎能力等を細かに観察し、職員全体の行動の質を上げていくには人材開発会議が必要で、かつコンピテンシーのフレームワーク表にいろいろな視点からその職員の状況を確認し合うことが重要だと学んだ。(50代 サービス管理責任者)

■ スキルコンピテンシーとキャリアのシートを使って、自分から見て、環境から見て、の評価を客観的に行うことによって、何が不足で何が必要であるかの気づきになったのが良かった。(40代 事務局長)

就業規則の読み方・活かし方 2017年8月23日開催

就業規則の読み方・活かし方 受講者の声1■ 色々な制度が目まぐるしく変化していく中で、江尻セミナーは大変勉強になっています。

就業規則の読み方・活かし方 受講者の声2■ 再度、就業規則の見直しを行いたいと思った。

就業規則の読み方・活かし方 受講者の声3■ 健康診断を拒否することができないことを知り、見直しをしたいと思います。

就業規則の読み方・活かし方 受講者の声4■ 現在、100%子会社の就業規則策定を進めています。本日は非常に実践的な内容で大変参考になりました。

就業規則の読み方・活かし方 受講者の声5■ 就業規則の大切さをあらためて考えさせられました。セミナーをうけて自園の規則を読み直したいと思いました。

就業規則の読み方・活かし方 受講者の声6■ 1ヶ月単位の変形労働時間制や、休日の振替、代休のことを教えて欲しいです。
無期転換職員の内容(就業規則、理事会の承認等)

あなたのクセが明らかになる人事考課者訓練研修会 2017年4月開催

B社 人事考課者訓練アンケート■ 今回の『人事考課者訓練』を受けて、なぜ?人事考課をするのか?に関して、この訓練を受けるまで人事考課とは、仕事ぶりを評価するだけだと思っていました。
しかし、今回の訓練を受けて『部下の育成をきちんと行う』ための重要な事だと知りました。
実際、人事考課者訓練を受けて率直な感想は、人物像を見て判断していたんだ!と気づかされたこと!
何を基に、評価しているか!?また、なぜ評価をしないといけないのか?など次々に疑問がわいてきた。
今回の訓練に関して、自分自身が人物像だけで評価していることが大きなエラーになっていることだと知りまた、部下に対しての指導ポイントなども明らかになっていないこと!行動を見ているのは、その人の仕事ぶり人物像だけを見ていたんだと気づかされました。
今回の考課者訓練の中で、今後自分自身がやらないといけないことは、行動を分析的にみることが重要だと知り、行動という分析の能力を身に着けることが自分自身やらないといけないことだと感じました。
行動学・分析等、自分自身勉強し誰よりも、行動分析をより明確に行い、部下の育成に繋げていかないといけないと実感しました。
これからは、行動を重点的に見て評価し行動を基に部下の育成に取り組んでまいりたいと思います。
この度は、貴重な訓練の時間を設けてもらいいろんなことに気付かされた時間だと思います。
今回の訓練を受けて、これを機に行動をより勉強し身に着け仕事に活かしたいと思います。

B社 人事考課者訓練アンケート■ 上記を受けることで評価者によって、確かに評価内容が変わりすぎてはいけないと言うことを感じました。
現場の育成をしていくためにも今回の訓練は 考えることができたと思います。
現在○○○でも個人評価表があり、それを評価者として評価してますが、それに似た内容でしたのでわかりやすく感じました。
自分が書面で評価をする場合もあり、また毎日も評価しながら指導してる面もあります。 ですが、自分も現場からも評価されていると言うことを、評価者は感じる必要もあるのではと感じました。 現在ある個人評価表等、各評価者が出来るだけ同じ目線で評価できる第1歩になったのではと思いました。
今回人事考課者訓練を、今後の実戦で生かして行くには、現場の皆さんにも各立場の中で同じように感じとっていただくため、そのような話し合う機会を持つなど、工夫が必要になると感じました。現場の方で進めていきます。

B社 人事考課者訓練アンケート■ 専門講師によるわかりやすい解説で視点によってバラツキがはっきりと分かり少ない時間でしたが見直すきっかけになり講習と頂いた資料を参考に改めて向き合いたいと思いました。
私自身含め会社内部に課者が沢山いる現状他にも専門講師を招いて勉強してより良い現場・会社作りに活かして行きたいです。
このような機会を作っていただきましてありがとうございました。

B社 人事考課者訓練アンケート■ 今回の人事考課者訓練の勉強会で自分がどういったエラーに陥るかがわかりました。
部下を育成するためにも、まず自分自身がもっとしっかり部下の働く姿勢や、行動を見ながら早めのアプローチをすることで、指道のポイントを意識し、今後の業務に活かしていきたいと思います。
今回ここで学んだことは、自分にとってとても、勉強になりました。ありがとうございました。

B社 人事考課者訓練アンケート■ 今までの自分達の評価は、A,B,C,Dのランク付けがなくておおまかな評価になっていたので、今回の訓練は勉強になりました。
人事考課するにあたり考課者の【視点の統一】が図れると思うので評価のバラつきが小さくなると思います。
普段から分析的に部下の行動を見ると思う。
部下への指導ポイントも分かると思う。
他の考課者の考え方も分かると思う。
考課者が陥りやすいエラーも分かってくる思う。
一回の勉強会だけではなかなか実践では、考課者訓練したとうり評価するには、むつかしいと思うので社内で考課者の勉強会を持ち【視点の統一】図れればと思う。

B社 人事考課者訓練アンケート■ 今まで基準があいまいだったので、今回の訓練はためになりました。
今後部署により基準も違うと思いますので、より細かい部分も観察したいと思います。スタッフを指導しつつ良い面ものばしたいと思います。

B社 人事考課者訓練アンケート■ 今回の人事考課者訓練を受けて、これまでは人を評価する形で評価を行っておりましたが、人物評価ではなく行動評価をするという事で非常にためになりました。
チーム内でも同じ人の評価がかなり食い違うなど、人物をみての評価はかなりバラツキがあると感じました。
規律性/協調性/積極性/責任性のそれぞれが一つの事に対して複数入っている事など、これまでではあまり考える事がなかった部分もあり勉強になりました。
特に人物評価でのハロー効果や対比誤差、論理的錯誤などは自分も部下を評価する際にあったと思いますので、今後改善する為に必要な訓練だったと思います。
今回は2名の人事考課訓練でしたが、今後は中間の管理職を人事考課もかかわってくるので、部下の評価をする事も大事ですが、自分自身の中で出来ていなかった事も多く分かりました。
今回の人事考課者訓練をもとに今後はもっと的確に評価を行いたいと思います。
又、今回の訓練は継続して実施する事が大事だと思いますので今後も継続しての訓練を行ってほしいと思います。
今回は新年度に入ってからの実施でしたが、今後は人事評価表を提出する前の時期に実施して頂きたいと思います。

B社 人事考課者訓練アンケート■ 参加者の人事評価がバラバラになっていることが認識できたことで現状の人事評価の問題点がはっきりと認識できた。
自分自身の評価基準が一部ズレていることが分かり非常に良い勉強になった。
グループでの意見交換で他の管理職の考え方や物事の捉え方がいろいろな意見・着眼点があることが分かり今後のミーティングに生かせると思う。
人事考課の評価基準について会社としての着眼点が一部でも統一できて非常に良かったと思う
全体的に、グループでの意見交換・実際の考課訓練を行ったことでよく理解できた事が大きいと思う。
継続的に人事考課の勉強会を行ってほしい。
人事考課の訓練・勉強会を行うことにより日々の業務の何を見るか、どのようなことを指導しなければならないかもはっきりと認識できこれまであやふやだった日々の業務のあるべき姿が見え、会社全体で社員のあるべき姿への目標設定が可能になると思う。

B社 人事考課者訓練アンケート■ 人事考課訓練を受けて、規律性、協調性、積極性責任性が人それぞれ見る場所が、個人、個人違い、訓練を受けて初めて勉強になりました。
見る場所を統一して、これからの仕事に評価できるようにしたい。

A社人事考課者訓練アンケート 承認カード 2016年11、12月開催

A社人事考課者アンケート 承認カード■ 承認カードすごいです。欲しいです。
今回は初の考課になるので、自分がどんな評価をしてもらいたいかをグループの皆様に聞いてみたいです。少しでも部下の気持ちによりそえる自分になりたいです。
ありがとうございました。また江尻先生の研修を受けたいです。

A社人事考課者アンケート 承認カード■ 自身を知り振り返ることができた。
1つ1つ、相手の行動を見守り、掘り下げて対応、会話をしていく大切さを勉強しました。
目からうろこ状態でした。
行動記録、承認等もっと勉強していきたいと思いました。自身の行動もちゃんと律していきます。

A社人事考課者アンケート 承認カード■ 承認カードの内容が、読んで納得する内容だったが、何もない所からだと中々出てこないと感じた。
自分の考え方を増やすツールとしてとても良かった。

A社人事考課者アンケート 承認カード■ とても勉強になりました。具体的な言葉かけ、しているつもりでいざ考えると難しく、他のグループの考え方もとても参考になりました。
私たちは後輩の考課のみではなく、先輩の効果を実施します。課題を考えて"行動ベース"で評価することを実践すれば実施できるかと思いますが、相手を尊重して前向きになって頂く為に自分自身がどうあるかはとても課題です。"承認カード"が欲しい!!

A社人事考課者アンケート 承認カード■ 承認に関していかに存在を認めて話を聞いていくことの大切さが分かった。
自分自身の傾向と部署によって視点が違うことが分かり勉強になりました。

A社人事考課者アンケート 承認カード■ 承認の仕方一つで部下の方の気持ちが変わる大切な作業とわかりました。
現場と間接で承認の考え方が違うことも興味深かったです。
今後も自分もみがきながら公平な評価ができるよう成長したいです。

A社人事考課者アンケート 承認カード■ 承認カードでのゲームワークが大変勉強になったのと、自分の弱点を振り返るきっかけになりました。
承認することの大切さ、相手の存在価値をしっかり見て伝えること、会話の重要性を再認識しました。

A社人事考課者アンケート 承認カード■ 自分自身が今まで承認を行なっていないことに気付いた。
自分自身の行動を見直すためにも積極的に周囲と関わる必要性があると認識することができた。

A社人事考課者アンケート 承認カード■ 今後評価を行う上で、人の話をよく聞き、コミュニケーションをはかり、承認した言葉で相手に伝える事、子育てと似たような印象を受けました。
自分が評価を受ける上でも今回のセミナーは勉強になりました。
ありがとうございました。

A社人事考課者アンケート 承認カード■ 承認する目的が理解できて良かった。
自身はよく周りに自分の思い(感謝)を伝えているつもりだったが、行動承認が少ない事、つまり自分の見たい部分しか見ていない事に気付けて良かった。

A社人事考課者訓練アンケート 評価者訓練 2016年11、12月日開催

人事考課者アンケート 評価者訓練001” border=■ ハロー効果の強い状態でしたが、少しずつ想いがかわり、とても興味がわきました。

人事考課者アンケート 評価者訓練002■ 今の会社の制度を再認識できた。頭を整理したうえで具体的な事例を持って考課者としての考えを取りくめたのが良かった。自分自身の行動も今一度見直す必要が確認できてよかった。

人事考課者アンケート 評価者訓練003■ 記憶ベースではなく行動ベースで、がとても勉強になった。すぐに記憶に頼ろうとして曖昧になってしまうので気をつけます。

人事考課者アンケート 評価者訓練004■ 会社の人事考課制度について見直す機会もできて良かった。
映像による考課者としての評価する視点が勉強できて分かり易かった。

人事考課者アンケート 評価者訓練005■ 初めての経験ということもあり、結構不安な気持ちでのぞんでいましたが、丁ねいな説明で研修に入りやすかったです。
評価に一つにしても、様々な考え方があり、日々の見守ることの積み重ねが大切であることがよく分かりました。

人事考課者アンケート 評価者訓練006■ 考課者間の評価の認識合わせが非常に難しかったことが印象に残った。人を評価する、といえども、極力システマチックな(評価)要素を増やすことがいいのでは、と感じた。

人事考課者アンケート 評価者訓練007■ 人事考課の根底は、関係性を構築することが前提にあるというところを再認識できた。

人事考課者アンケート 評価者訓練008■ 人事考課の意味がアバウトにしかわかっていなかったので、大変わかりやすく、考え方もポイントをおさえることができました。
評価研修シートでのワークでは、人事考課表の参考になります。

人事考課者アンケート 評価者訓練009■ 自己のクセが評価に反映されないよう留意したい。
育める人事考課をめざしたいと思います。

人事考課者アンケート 評価者訓練010■ 相手の表面的な行動や残した結果のみを自分独自の判断基準で評価につなげることのないよう、これから配下の社員をどの様な視点見るのか気付くことができました。

人事考課者アンケート 評価者訓練011■ セミナー参加して人事考課制度とは良くわからない点もあったのですが、今まで評価されていた立場から考課する立場になり、今回セミナーで得たことを参考にしていきたいと思います。

人事考課者アンケート 評価者訓練012■ グループでのロールプレイングを通して他の人の考えと一緒のところ、また参考になるところもあり、良かったと思います。

人事考課者アンケート 評価者訓練013■ 考課者によって評価がぶれないよう心がけようと思った。
行動の一つひとつを着目する視点が自分にはなかったことに気付いた。

人事考課者アンケート 評価者訓練014■ 5段階評価としたワークでは悩みましたが、行動をどの要素に結び付けるのか、という視点で判断していくという事がポイントであるということを学びました。

人事考課者アンケート 評価者訓練015■ ビデオを見ながら具体的に評価することができたのが良かった。

人事考課者アンケート 評価者訓練016■ ロールプレイを通して評価の視点が人それぞれに違うことを実感し、評価のむずかしさを感じた。

人事考課者アンケート 評価者訓練017■ ビデオに出てきた木島さんに似た被考課者がいて、どのように評価すれば良いか悩んでいた。とても明確になり大変有意義でした。

人事考課者アンケート 評価者訓練■ 伝えることの大切さを改めて認識することが出来た。今後の評価作業に大変役に立つと思います。
ありがとうございました。

人事考課者アンケート 評価者訓練018■ 自分がどんな評価をしてほしいか・・・という所から考えていくと、1つ1つの行動をとらえてそこを評価につなげる大切さを知りました。自分が受ける立場なら「あなたのここの○○が良かった」と具体的に承認された方が納得もできますし、見ていてくれたんだ・・・といううれしさも感じます。信頼関係にもつながり、「この上司だったら納得できる」という所に1歩近づけそうです。がんばります。

過重労働対策・働き方改革でまったなし いま求められる労働時間管理のポイント(2017年2月17日開催)

主催:アマノ株式会社様

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声1■ 法律の傾向がわかりやすく勉強になりました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声2■ 従業員の労働時間を管理する側として何が仕事中になるのか、労働外なのかの把握を徹底しないといけないと思いました。また、残業に関しても従業員スタッフが健康面、精神面ともにストレスのない職場環境を作る必要があると思いました。本日はありがとうございました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声3■ 非常に勉強になりました。ありがとうございます。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声4■ セミナーの内容はわかりやすく、職場へ持ち帰り、再確認したいと思います。ありがとうございました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声5■ 今日はとても勉強になりました。今後の参考にしたいと思います。ありがとうございました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声6■ 今回のセミナーを聞いて、労働時間の把握、時間外労働の見直しをしていきたいなと感じました。今後過重労働(対策)、働き方改革を取り入れ、少しずつ変えていきたいと思います。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声1■ 残業管理が今後さらに強化していかなくてはならないと思いました。私達は製造業なので人手不足と残業超過がやはり課題となっています。健康診断と未払い賃金がないように!とのアドバイスは覚えておきます。わかりやすいセミナーありがとうございました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声8■ 本日のセミナーを受講させて頂き、改めて過重労働対策の重要性を認識することができました。近い将来の改正労基法の情報も得ることができ、今後の弊社で対応すべきことが明確になり、大変参考になりました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声9■ 実際抱えている課題とセミナーが合致していたので大変参考になりました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声1■ いろいろと再確認できて良かったです。過重労働を減らす取り組みを強化していかなければいけないと改めて思いました。ありがとうございました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声11■ 昨年人事へ異動となったため、労務管理についての知識がまだまだ少ないので勉強になりました。ありがとうございました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声12■ 参考になりました。労働時間に含まれる判断等、また労働時間管理のポイントについてわかりやすかった。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声13■ わかりやすく丁寧にまとめられていたので、理解しやすかったです。今の社会情勢を踏まえ、取り組んでいくにあたり、とても良いセミナーでした。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声1■ 非常に役立つ情報が多かったです。法人に持ち帰ります。ありがとうございました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声19■ 労働時間の把握、適切に管理する重要性について再確認できたセミナーでした。ありがとうございました。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声20■ 非常にわかりやすく、タイムリーな事例もまじえてのセミナーだったと思います。またセミナーがあれば参加したいと思います。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声21■ 本日は上司が出席する方が良かった内容でしたが、あいにくの会議で私が参加しました。内容のスピードが早くて、理解しづらい所もありましたが、参加して良かったと思います。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声22■ 再認識した点と今後のアクションにつながる貴重なセミナーありがとうございました。時代に求められるセミナーと思いますので次回も機会があれば参加したいです。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声23■ テレビ等で最近話題になっている過重労働対策については、当社は対応が後手になっており、今日の研修を受けて今後どういう対策が必要なのか触れることができたと思います。

いま求められる労働時間管理のポイントセミナー受講者の声25■ わかりやすいご説明でした。ありがとうございました。

労働関係セミナー(「いま」求められる法改正対策)(2016年11月9日開催)

主催:一般財団法人沖縄県社会福祉事業共済会様

■ 福祉の現場では人材確保が大きな課題となっており、職場環境を整備しているところだが、法改正に関する様々な情報を学ぶことで進化させていきたいと考えた。

■ 日常の業務に追われる日々の中で「いま」求められる法改正について学ばせて頂きありがとうございました。ご指導、ご助言を頂くこともあると思いますがよろしくお願いします。

■ 現在、就業規則の見直しをしているところだったので、とてもタイムリーな事項や今後予想される事項など参考になりました。ありがとうございます。

■ 改正点がまとめられており全体像を把握しやすくなっているため良かったです。

■ マタニティハラスメント関連で疑問点があったので質問ができてよかった。時間配分が良かった。聞きやすかったです。

■ 育児介護休業制度等、すでに実施しているものもあるが、まだまだ見直しが必要だと感じた。

■ 育児介護休業法の改正に伴い、就業規則の見直しが必要となるが、今回の研修内容を参考にすみやかに対応できるようにしたい。また、労働契約法の無期転換の取扱いについては、今後様々な条件整備が必要になるため、雇用のあり方が重要となることが分かり、今後の規則等の見直しに役立てたい。

■ とても勉強になりました。職場でも活かしていきたいと思います。

■ 労働者の働き易い環境をつくるために努力していくべきだと感じた。今後の改正の動向を見守りながら、それに対応できるようにしっかり検討すべきだと思う。色々と勉強になりました。

■ ありがとうございました。ハラスメント等の事例があればもっと良かった。ストレスチェック(任意)の方法などいくつか事例があれば良いと思う。

■ 聞きやすかったです。資料も充実していました。

■ 勉強になりました。

■ 労働関係セミナーに参加しまして、求められる法改正が理解できました。現在の職場では過重労働は全くありません。しかし、離職者がいるため職員の不足により悩まされています。セミナーの中でも話されていた「働き易さ」、「環境を整える」に努めています。

■ 今年度、「ストレスチェック」を実施しました。集団分析をグループ分けした管理職も含め衛生委員会で説明を受けました。そこから職場環境作りに取り組み、セミナーでの内容も活用していきたいです。ありがとうございました。

■ 人材確保、育成に取り組む上で、職場環境の整備の重要性、ハラスメント規程の作成等、大変参考になりました。法改正労働労働関係について参考になりました。

■ 短い時間で内容の濃いもので勉強になりました。ハラスメント規程等、就業規程の見直しを検討します。

■ 色々な法改正に伴う就業規則等の整備やサービス残業による未払賃金等改めて社内規程等の見直しを行なわなければならないと感じました。もう少しゆっくりとした研修だったら良かったです。

■ 本日はありがとうございました。

■ とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

■ 非常によかった。

■ 今後の対応の資料として活用させていただきます。

■ テーマが1〜7、2時間の日程で内容がとてもわかりやすく、説明が良かったです。ありがとうございました。

■ いつも研修の度にお世話になっています。大変分かりやすく、タイムリーなテーマで経営者として助かっています。感謝申し上げます。

■ とても参考になり、今後の社内規程を整備したいと思います。ありがとうございました。

■ 育児休業、無期雇用契約の方が平成30年から発生するので、契約のしかた、記載のしかたが聞けて参考になりました。ありがとうございました。

■ [過重労働対策]特に注意したい重点事項。不払い残業についてもう少しくわしく研修会をして頂きたいと思いました。研修ありがとうございました。

人材戦略の立て方(2016年11月2日開催)

主催:沖縄銀行様

■ 産休・育休については口頭での確認のみでしたので、今後は面談シートを活用したいと思いました。

■ 法的整備の重要性を感じました。人材採用、戦略、育成にまつわる補助金系の話もお伺いしたいです。

■ 内容が少し難しいと感じました。

■ あまり良く理解できなかった。

■ 大谷の表。定着率と成長の図が印象に残った。実戦していこうと思った。

■ 私達の会社は人数が8名ほどなので、労働法等にあまり知識がなかったので、少々難しい点はありましたが勉強になりました。

■ 労働法(労働問題含む)と人材戦略について別々に講義を聞きたかった。特に人材戦略についてもっと詳しく聞きたかった。

■ 大変勉強になりました。旬な話題で時間が早く感じられました。ありがとうございました。

■ いい人を採用するためには、企業側が明確な人材像を話し合い、一緒に働きたい人を雇用することが大事だと思いました。

■ 労働基準法に関して全く無知であった為、大変勉強になりました。また、国が今後は女性労力の活用を考えているということで、とても興味深い内容でした。

■ 「働きやすい」と「働きがい」は似たような言葉でも意味が違うということがわかりました。働きやすい環境整備と成長を感じられる人材育成のバランスが大切だと感じました。

■ 「働きがい」と「働きやすさ」の違い、期待人材像、行動支容の4段階など勉強になりました。ありがとうございます。

■ 今日はありがとうございました。私自身、会社の後継者として今回の経営塾に参加させて頂きましたが、現在、現場だけをこなしていて経営は社長一人に任せきりが現状です。今回の経営塾を通して自分が何をするのかをしっかりと考えて行きたいと思います。ありがとうございました。

■ 講話ありがとうございました。定着率、離職率等のお話をもっとくわしく聞きたかったです。

人事考課者訓練【対象:経営者・管理者】(2014年6月24日開催)

■ 考課の具体的な進め方がわかりやすかった。

■ 部下の評価について、互いの意思確認、事業の進め方の中で大変参考になりました。

■ 人事考課は初めての学びでした。基準となる考え方がわかり、参考になりました。ありがとうございました。

【石垣勉強会】仕事の価値観の棚卸し・バリューカード(2014年6月10日開催)

■ バリューカードを通して、自分が何に重きをおいて仕事しているのかわかることができ、日常ではあまり考えなかったことを楽しく考えることができ、自分を再確認できたので大変良かった。

■ 仕事に対して再度考えさせられる事もあり、とても勉強になりました。
ありがとうございました。

■ シンプルな内容(バリューカード)でありましたが、仕事を継続していく上で基本となる重要な学びとなりました。今後の研修も期待しています。

仕事の価値観の棚卸し・バリューカード(2014年5月27日開催)

■ 今後、仕事をしていく上で重要なものを、もう一度見直すことが出来て良かったです。職場に戻り、参考にしたいと思います。

■ 自分の価値観と人の価値観が全く違うということを改めて気付かされた。
バリューカードというツールで可視化できるのは良いものだと感じた。

■ 改めて仕事に対しての考え方を再確認できました。

コミュニケーションのルール・2(真・報連相)(2014年4月22日開催)

■ 要点を解りやすくまとめ、シンプルで理解しやすかった。

■ 法律の出番は「事がおきてから」。今回の研修はその土台(事前)の部分の改善ということで、すごく参考になった。

■ 対話形式、発表形式、実践形式で理解しやすかった。会社に帰って社員同士で実践していきたい。

■ 人材育成には、真・報連相が最適で、職員の働きがいにつながるという事。
情報の共有化の3つの深度を学ぶことで、より良いコミュニケーションの取り方を学べたと思う。

真・報連相(ダイジェスト版)(2014年4月8日開催)

■ 普段見過ごしてしまうことを深く考えることが出来て良かったです。

■ 発信は連絡ではない。連絡とは、伝えたい内容とその意味(目的)が相手に伝わること。

■ 知っているようでも、自分の中に落ちてこない事がセミナーを通してストンと自分の中に落ちてきます。

真・報連相(ダイジェスト版)(2014年3月31日開催)

■ 報連相を深度別にグラフ化したものが、とても理解しやすく感じました。
ありがとうございました。

■ メールで注意すること等も教わることが出来てよかった。発信は連絡ではない事、しっかり肝に命じて今後の仕事に勤めたいと思います。

■ ホウレンソウについて、メール発信は連絡ではない。伝えたい「内容」と「その意味」が届いてこそ連絡である。受信の確認をすること、目的をはっきり伝える事など、質の高い仕事の進め方、質の高い専門性、心がそろうことを学ばせて頂き感謝します。ありがとうございました。

仕事の価値観の棚卸し・バリューカード(2014年1月28日開催)

■ 自分の価値観を見つめ直すいい機会になり、研修会などにも生かせそうです。仕事でうまくいかない点など、このような形で発見でいると思いました。
ありがとうございました。

■ 普段仕事の中ではなかなか気づかなかった仕事に対する姿勢や、自身の仕事に対する意識、希望などを発見することが出来ました。

■ 部下との価値観の相違点の把握や、価値観の共有化の為に活用していきたい。

コミュニケーションのルール(2014年1月15日開催)

■ 目的思考という視点がとても良かったと思います。

■ 目的思考の報連相を取ることで、業務改善が出来る事がわかったので、普段自己中心的になりがちな仕事をしている状況を改善していきたいと思います。

■ 報連相の大切さ、感受性と応用力の大きさを改めて実感しました。

採用面接の技術(2013年12月10日開催)

■ 素晴らしい内容でした。早速実行したいです。

■ 会社で面接用マニュアルは必要なのか?コンピテンシー面接を学び、今一度見直しが必要だと実感しました。

■ 職員面接にコンピテンシー面接を使用することにより、職員が自分のやってきたことを確認し、成果につなげたいと思いました。

コミュニケーションのルール(2013年11月26日開催)

■ これからは目的をしっかり持ち、思いも共有できる深度3を目指したいと思います。

■ 真・報連相の意味を理解し、実行してくれることでより働きやすい環境になると確信しました。

■ 真・報連相の目的思考で行動できれば、対人関係だけでなく、職場環境もよりよくなると感じました。

アンガーマネジメント(2013年10月29日開催)

■ 怒りを発生させる原因や背景を見極めて、信頼に基づくコミュニケーションを深めていきたいと思います。

■ 日頃の生活(家庭)でも参考になりました(子のしつけ)。

■ 感情のコントロール、怒りのおさえる技術、参考になりました。

■ 具体的な対処術が面白かったです。他人は変えられないので、自分を変える。簡単そうでなかなか難しいですが、つづけていきます。

問題解決の手法としてのファシリテーション(2013年9月25日開催)

■ 会社で行なう会議の際、ファシリテーターの役割をすることが多くあるので、今回のセミナーは大変参考になりました。是非、応用して実行したいと思います。

■ 楽しくおもしろいセミナーでした。職場でのミーティング時に活用できるようにしたいと思います。

採用面接の技術(2013年8月22日開催)

■ コンピテンシー面接のセミナーを受けてみて、今までの面接との違いに驚きました。

■ この4月から中間管理職になり、近い将来採用面接があると思われ、大変参考になりました。

■ 今迄採用面接、管理職昇格面接など多く経験してきましたが、コンピテンシー面接は目からウロコでした。

職場内の諸問題を解決する(2013年7月30日開催)

■ 能動的に参加できる形だったため、理解しやすかったです。

■ 部下指導やよりよい職場環境を作るために必要な基礎を再確認できました。ひとりひとりの力が会社全体の力になると全社員で意識しなければならないと改めて実感しました。

■ 初めての参加でしたが、内容も理解しやすく、明日から役立てていきたいと思いました。

人事評価の技術(2013年6月28日開催)

■ 人事評価、研修、初めて演習含めて大変勉強になりました。役に立つ時間が過ごせました。

■ この事例演習を評価(考課)者にブレを体験してもらうと、評価調整会議が円滑に出来、腹落ちまで進むと感じた。

賞与の支払い方(2013年5月28日開催)

■ 賞与の査定について、業績連動型、賞与配分方法についてエクセルを使っての方法が参考になった。

■ 賞与の計算方法、いずれ必要になると思うので勉強になりました。

■ Excelを用いての勉強会、大変ためになりました。

服務規律の守らせ方(2013年4月23日開催)

■ 「服務規律のワークによる落とし込み」は自社に取り入れられそう。

■ ひみつの守らせ方等、わかりやすかったです。

■ 言って満足ではなく、理解までしてもらわないと意味が無いことが改めてわかりました。

労務管理に影響をおよぼす法改正(2013年1月29日開催)

■ 経営者の立場からの改正法の解説で参考になりました。ありがとうございました。

■ 労使間が上手くいくKEYPOINTは、コミュニケーションなんだなぁと改めて思いました。