36協定診断
36協定診断

36協定無料診断を行いませんか

御社の36協定をメールまたはFAXでお送りください。
弊所社会保険労務士が36協定を診断いたします。
※弊所からの訪問・電話での営業はいたしません。

36協定の重要性

電通の事件以降、労働基準監督署は「時間外労働」に厳しく目を光らせています。
「36協定」は従業員に時間外労働をしてもらうために必要な協定で、これが結ばれていない状態で時間外労働をさせると違法となります。また、結ぶだけでなく届出があって初めて有効となるので、提出されていないまたは提出が遅れてしまった場合も違法な労働となってしまいます。

36協定の作成自体は決して難しいものではないので、必ず作成しましょう。
弊所ではその作成した36協定の無料診断を行っています。

お申込み方法

1. メールで送信
御社の36協定をPDFまたはwordファイルなどでお送りください

2. 内容の確認・報告書
お送りいただいた36協定を確認し、診断書を作成します。

3. 診断書をお送りします。
注意点やアドバイスをお送りいたします。

 

著書

職場の難問2■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›