採用基準作りワークショップを終えて
採用基準作りワークショップを終えて

面接・人材募集の準備 採用基準作り

社会保険労務士 江尻育弘
2017年7月10日

準備不足のまま採用面接をしていませんか?

こんなことはありませんか?

ある日突然従業員が辞めてしまった。
そこで急いで求人を出し、応募者に面接をして、かろうじて採用した。ところが、仕事の覚えが悪い、周りとうまくやっていけないなどがあって、ほどなく辞めてしまった。そしてまた、急いで求人を出す、というサイクルです。

もちろんこんなことがないように、事前準備をしておくべきなのですが、日頃の忙しさにかまけて採用したい人材像を明確にしないまま。そしてまた、失敗するというのを繰り返していませんか?


そこでご案内したいのが、採用基準の作成ワークショップです。


例えば、採用基準を作ると下記のような効果があります。

  1. 採用募集 人材採用要件とその具体的な採用基準をスピーディに明確化でき、採用募集時に自社の求める人材を応募者に効果的にPRできます。
  2. 採用試験 応募者の選ぶカードと会社が選んだカードを付き合わせることで、仕事に求められる人間性と能力、スキル、知識等とのマッチングができます。
  3. 採用面接時 採用基準が明確になるため、採用面接での応募者に対する効果的な質問設定ができ、応募者の回答と付き合わせることで見極めができます。

持ち味カード研修 20170710

石垣島で持ち味カードを使った採用基準づくりワークショップをやってきました。

ワークを通して分かった、共有の大切さ

採用基準を作るワークで、ここの幹部全員が「素直さ」を何よりも重要と考えていたことが分かりました。失敗を活かす力とか、チームワークとか、正確性など76項目ある中で、どれを選んでくれても良いのですが、その選択を皆で共有できたことが重要でした。

このあと、残り9個の採用基準を作成してワークを終えました。

持ち味カード研修 20170710

ぜひ御社でも採用基準作成ワークショップを取り入れて下さい。

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。

 

著書

職場の難問2■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›