【那覇開催】真・報連相セミナーを終えて
【那覇開催】真・報連相セミナーを終えて

真・報連相ー仕事の進め方の基本ー

上江田晋作
2017年11月28日

11月28日に那覇で「真・報連相」セミナーを開催いたしました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

真・報連相 3つの視点「真・報連相」においては3つの視点が必要とされています。「環境(相手)」「自己」「目的」です。この視点が普段から意識されているかどうかで行動1つ1つが変わってきます。

お客様からの電話(訪問)を上司に取り次ぐ際に、どのように聞き取り・伝えていますか。

「名前」と「誰に用があるのか」のみを聞きその上司に取り次ぐのと、「どのような要件か」「急ぎかどうか」など聞き取りをした上で上司に取り次ぐのとでは、その後の上司の対応やお客様とのやりとりが大きく変わります。

例えば、デパートで店頭に並んでいないAという商品をお客様から尋ねられた場合に、ただ「ありません」と答えるのか、その商品Aを求める「目的」を聞き取り、同じ目的に使用できる別の商品Bを勧めるのか、というケースです。その商品を置いてあるお店を紹介する方法もあるでしょう。

ただ質問に「答え」るのではなく、相手の目的と気持ちを汲み取った上で対応する「応え」が仕事の上で非常に大切です。対応1つでお客様との良好な関係が築けるのではないでしょうか。

話を聴くということは組織内においても非常に重要です。
沖縄は特に雇用の定着率が低いと言われていますが、その中には従業員が相談がなく急に「辞める」と言ってくるケースもあるようです。それまでの過程にも問題はありますが、その際に「なぜ辞めたいのか」「何が問題だったのか」などしっかり聞き取り、受け止めつつ、「それでは、このような雇用形態(部署)はどうだろうか」と提案することで辞めずに済むこともあります。

上司の普段から部下の話をしっかり聞くという姿勢は大切でしょう。うまく言葉にできない人もいるでしょうし、膝を突き合わせることで表情や声のトーンから読み取れることも多いと思います。その人が「何を伝えたいのか」を積極的に汲み取る姿勢を身に付けたいものです。そのための「積極的傾聴(アクティブリスニング)」を学んでみるのも有効だと思います。

今回行ったセミナーの概要

テーマ 真・報連相ー仕事の進め方の基本ー
※本セミナーは終了しました。
日時 【那覇】平成29年11月28日(火)10時30分〜12時30分
会場 沖縄県産業支援センター(309号室)
沖縄県那覇市小禄1831番地1
[地図を見る]
講師 上江田晋作
主催 有限会社 Ejissanキャリア研究所
 

著書

職場の難問2■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›