真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー
真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー
作成日:2018/09/11
真・報連相ー質の高い仕事の進め方ーvol.09 効率のよい段取り(中間報告)



真・報連相ー質の高い仕事の進め方ーvol.09 効率のよい段取り(中間報告)

社会保険労務士江尻事務所
(社)日本報連相センター会員(NHC503)
上江田晋作

効率のよい段取り(中間報告)

========================================================

Aさんが任されたイベントの企画案は、明日午前中の会議で発表することになっています。
ところが、なかなか良いアイデアが浮かばなかったAさん、思うように仕事が進まず、
何とか企画として形になったのが今日の昼前。 明日の発表前に、課長と部長の決裁を
仰がなければなりません。そこでB課長のところへ行きます。

Aさん「課長。例の企画書、何とか完成しました。急いで部長の決裁をもらっていただけませんか?」
B課長「おう、ご苦労さん。じゃあ預かっておこう。俺は今からちょっと打ち合わせに出るので、明日までには目をとおして、部長にあげておくよ」
Aさん「え〜っ!課長。それは困ります。明日の朝一の会議で発表しなければいけないんですよ。今から何とか見てもらえませんか?今日中に部長の決裁が欲しいんです」
B課長「おいおい、無理言うなよ」

Aさん、大ピンチです。 ========================================================

これは中間報告の大切さを「知ってはいた」が「わかっていなかった」例です。

自分だけのスケジュールを考えて仕事を進めると、このようなケースが起こり得ます。
企画案の完成が納期ギリギリになりそうだと予測できた時点で、課長に状況を報告し、
決済までの段取りを共有化しておく必要があります。

相手の予定を考慮し、自分の仕事の段取りを調整しましょう。そのために、カレンダーなどのツールを用いて社内で共有できるようにしておくとよいでしょう。

中間報告は以下の3つの場面で必要とされています。

・状況が変わったとき
・長い期間を要する仕事のとき
・その仕事を終了するメドがついたとき

上司の立場からすれば、状況が変化したのに、当初の指示通りに進められると目的が達成できなくなり、困るかもしれません。今、どのような状況にあるのか一言あるだけでも安心できるのです。

また、指示した人にも見通せない状況の変化も起こり得るので、当初の指示が100%正しいとも限りません。ただ「言われた通りにやる」だけでなく、「目的思考」をもって行動することが肝心です。

なぜ江尻事務所が100年続く組織づくりをお手伝いするのかお客様の声 江尻事務所を選んでいただいたきっかけ事務所セミナー・研修を終えて承認は社員同士の関係の質を高め、組織を劇的に成長させます。承認力向上研修。事務所案内福祉施設の施設長に役立つ情報をお届けしています。医療・福祉版 社会保険労務士江尻事務所
お電話でのお問い合わせメールでのお問い合わせ

社会保険労務士江尻事務所
〒901-0155
沖縄県那覇市金城5-8-10 2F
メールアドレス

 
 

著書

職場の難問2■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›