社会保険労務士 江尻事務所について
社会保険労務士 江尻事務所について

沖縄で、人事労務の「コンサルティング」一筋、20年。
培った専門スキルと経験で、人事・労務の「困った」を解決します。

社会保険労務士 江尻育弘

会社の事業や業績がうまくいけばいくほど従業員のことで悩み、苦しむ経営者や人事担当者が増えているように思います。

例えば、

「社員が積極的に行動しない・後ろ向き、すぐ辞める。仕事は沢山あるのに・・」
「従業員との労務トラブルが泥沼化。八方塞がり。解決できるのか・・」

といったことで、経営者や人事担当者からの相談が多いです。
もしかしたら、このホームページに訪れた「あなたも」その一人かもしれませんね。

社会保険労務士 江尻事務所は、そういった『労務や人事』の問題を解決してきました。
沖縄で20年、コツコツと。

申し遅れました。私は社会保険労務士であり経営者でもある「江尻育弘(えじり いくひろ)」と申します。

私は、24年前、岡山県倉敷から沖縄に移住し、4年後の1998年、社会保険労務士 江尻事務所を那覇市で開業しました。

当時、社会保険労務士(以後「社労士」の略称で表記)は人事・労務の事務手続きや相談が主な業務でした。しかし、江尻事務所はこの業界では珍しく、人事労務の提案型コンサルティングが事業の柱。風変わりでユニークな社労士だったと思います。

経営者、人事担当者向けに、個別にコンサルティングを提案する社労士は皆無でした。
地盤(人脈)、看板(知名度)、カバン(資金)がまったく無かったので、開業当初は、仕事が無くてほんとうに苦労しました。

そんな苦難の船出からなんとか20年、ここ沖縄で会社を切り盛りして生きて残れたのは、ラッキーだと思っています。
この経験から、事業を立ち上げ継続していくことがいかに大変なことか、よく知っているつもりです。

なぜ「百年続く組織づくりをお手伝いします」を掲げ、経営するのか。

15年前、事務所に「助けてください」とある会社の社長が入ってきました。
知り合いの税理士さんからの紹介でしたが、何事かなと聞いてみると、労働時間の組み方が間違っていて、それが原因で労使紛争になっていました。

根っこのところを聞いていくと、会社が儲かり始め社長が高級車を買ったりしていたようです。一方、従業員からは「僕らの給料は安い。長時間労働で低賃金だ」と。それで、バーンと弾けちゃって労使紛争に。

その社長さんは東京から「ものすごく優秀な」弁護士さんを連れてきて、労働組合とガッツリ交渉。
野球で例えるなら、こっちが内角の高めにズバッといい球を投げたら、向こうは向こうでものすごい打球を返してくる。そんなことの応酬でした。

片方で握手して、もう片方で殴り合っている感じ。まさにそういった感じで、信用や信頼などまったくなく、結局、和解という形で終わりました。しかし、その後もしこりが残ってしまいました。その会社は、今でも雰囲気は良くないです。

労使紛争を幾度も経験して、法律に書いていることをやっただけでは、「組織」「会社」はうまく行かないことがよくわかりました。

社会保険労務士 江尻育弘

なんだかんだと悩んでいた時、ある経営者が「百年」という言葉を使っていて、「あ、これだ」と思いました。

最近、この「百年」というフレーズを使う社労士は増えていると思います。

ただ、「就業規則を整備したら百年続きますよ」というフレーズについては、違和感がありますね。つまり「労働条件を整えていけば、百年持つ、というわけではない」と、私は理解しています。

例えば、年次有給休暇。
「年休は10日あるから守ってくださいよ」と就業規則に書いて、社長が「やるぞー」と言っても整備できません。

どういうことが起こるかというと。権利意識強い人が取り始めるのです。
だけど、取らない人はもっと取らなくなってしまう。そして、余計に会社の雰囲気が悪くなってしまう・・。

理想は、従業員みんなが、公平、平等にまんべんなく、有給休暇を取れるようにする。
その環境づくりは、すごく大切です。みんなそう思っているはずです。

でも、実際、就業規則に年次有給休暇を入れてみても、バラツキ問題がでてしまう。 なぜでしょうか? それは、仲間との関わり方、関係性の問題です。

行き着くところは「人と人とのつながり」の問題。百年続いている会社はそれを知っていた。

労基法(法律)の権利といっても、自分の権利ですよね。

結局、会社の組織の中で、みんなが自分のことばかり考えていたら一部の強く言えない人、主張することが苦手な人が、損な役回りになり我慢することになります。

そうなると、整備したことが結局仕組みとして回りません。本来なら、それぞれがそれぞれに対して『配慮』しないといけない。周りのことを見ないといけない。どの様にして人(仲間)との関わり合いを築き上げていくのか。「人と人とのつながり」というのは、そういうことだと思います。

何百年と続いている老舗の企業は、「人と人とのつながり」がいかに大切かを知っているように思います。職場の仲間同士のつながりだけでなく、従業員の家族、会社のOBやOG、地域社会の人たちとの関わり合いを日々築き上げ育んでいます。

私は2018年1月から毎月1回、100年企業研究会という有志の勉強会のために大阪に通っています。そこに行くと全国の事例や共通した考え方を学ぶことができます。
沖縄県内にも、創業百年以上の会社はありますので、その会社にも毎月1回、足を運んでいます。現場を通して勉強しています。

そういった積み重ねが、私の貴重な財産となっています。

社会保険労務士 江尻事務所は、開業当初から今日に至るまで、多くの社長の悩みである「人材の定着」と「人材育成」の仕組みづくりの問題を解決してきました。
具体的には、

ステップ1『働きやすい職場づくり』。
「法整備」をすることで、「従業員が働きやすい職場環境」をつくります。その結果離職率が下がり、人材の定着率が上がります。ステップ1では、あなたの会社の「働きやすい職場づくり」の仕組みや土台をつくるお手伝いをします。

次に、ステップ2『働きがいある職場づくり』。
「人事制度」「貢献度に見合った賃金制度」を見直し、あなたの会社に合った仕組みを作り上げます。その結果として、従業員は仕事にやりがいを感じ、やる気やモチベーションがアップします。働きがいある職場環境を仕組み化していきます。

ステップ3では、百年続いている会社から学んだ「人と人とのつながり」を重視した「コミュニケーション」の見直しを、コンサルティングサービスを通して支援しています。

いかがでしょうか? 我々が普段「どんな仕事をしているのか」イメージできたと思います。

社会保険労務士 江尻育弘

あなたの会社の組織風土を改善・向上し「百年続く組織づくり」お手伝いすることを楽しみにしています。
賃金コンサルティングから人事評価制度、組織開発、就業規則の作成など、ぜひご相談ください。

PS. 会社の看板には、江尻事務所と書かれてますが、「事務」の仕事はほぼ無し(1社のみ)。人事労務のコンサルティングがほとんどです。社名の「事務所」にちょっと困っています。(汗)

聞き手:有限会社オービック 稲嶺盛裕
写真:有限会社オービック 真栄田久子