真・報連相 ー質の高い仕事の進め方ー
真・報連相 ー質の高い仕事の進め方ー

真・報連相 ー質の高い仕事の進め方ー

社会保険労務士 江尻事務所
有限会社Ejissanキャリア研究所
(社)日本報連相センター会員(NHC503)
上江田 晋作
2018年2月26日

社会人の基本として知られている「報連相」ですが、では、いったい何のために行うのでしょうか。「上司が(部下のまたは全体の)仕事を把握するため」「関係者に必要な情報を流すため」という答えが一般的かと思います。

それにも関わらず、報告が上がってこない、きちんと情報が伝わっていない、言った言わないなど問題が発生するのはなぜでしょうか。
報連相の本質は「情報の共有」であり、それを意識して行うためには、目的思考や共有深度などが必要となってきます。そのために、従来の「報連相」とは異なる「真・報連相」は非常に有効です。

以下のページでは真・報連相の意味や目的について事例を交えて紹介していますのでご確認ください。

  1. 真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー vol.01「情報の共有化を深める」〜ある住宅建設会社の事例
  2. 真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー vol.02 「情報の共有化を深める」〜ある営業所の事例
  3. 真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー vol.03 自立型人間と依存型人間
  4. 真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー vol.04 積極的傾聴
  5. 真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー vol.05 「3項目で表現」すると、わかりやすく、印象に残る報告ができる
  6. 真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー vol.06 N化粧品会社青森営業所の係長さんの話
  7. 真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー vol.07 発信は、連絡ではない
  8. 真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー vol.08 自己の報連相の仕方を振り返る
  9. 真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー vol.09 効率のよい段取り(中間報告)
  10. 真・報連相ー質の高い仕事の進め方ー vol.10 情報によるマネジメント
 

著書

職場の難問2■職場の難問Q&A 労働条件・人事・給与 メンタルヘルス・職場の活力 全100Q&A
出版:医学通信社 全国書店にて発売中

著書一覧を見る ›

社会保険労務士(社労士)について

社会保険労務士(社労士)は主に労働基準法などの労働法をもとに労働環境の整備や労務トラブルの問題解決を行なっています。その他、入職・退職の際に発生する雇用保険・社会保険の手続き、出産育児一時金や出産手当金、助成金の取得などを行なう人事労務管理のエキスパートです。

労働問題などのトラブル対応だけでなく、業務改善・作業効率化にも強く、生産性の向上などにも力を入れて適切な指導とアドバイスを行い、サポートします。

詳しく読む ›